ビビンバ風 韓国ドラマ: 初恋 (첫사랑) その⑥

ハングルのレッスン 語学の一環として 見始めた ドラマでしたが
 
『初恋』 全66話を 通して 韓国の文化に触れることができ

娯楽のみならず 非常に有意義な時間を過ごせたような気が致します

儒教の国とは聞いてましたが 家族の絆 

親を敬う感謝の気持ち 挨拶ひとつ取っても

その違いが分かります

また 立場(肩書き)がどうであれ 

年上の方には 礼儀を思うんじる風潮

ドラマの中で「俺の方が 年上なんだぞ!」

「あいつ 年下のくせに」

というセリフが よく飛び交っておりましたが

これも私には 新鮮でした 

その辺 日本の方がシビアかも知れませんね

今思うと そういえば 韓国で 良く歳を 聞かれました
 
ビジネスにおける電話の取次なんかでも 日本だと自社を下げて

社長呼び捨てにしたりしますが 韓国ではありえないようです

まっ、その方が 自然といえば 自然な気も致します

劇団時代 先生のお付きを させて頂いてた頃 

「○○は ただいま~」って 呼び捨てするの 

拷問に近いものがありましたから
 
また食事も 家族が一緒に食べるのは分かるんですが

会社のランチとか みんなで食べてるの見ると びっくりします !

でも普通みたいですね 四六時中一緒で疲れないんですかね~

定食屋さんも かつては おひとり様 お断りだったそうですが

最近では 日本文化を取り入れ ひとりで食べたい時も ある事を考慮し

おひとり様を 受け入れるように なったそうです bye03.gif

他にも気づいたこと 多多ございましたが まだ足を踏み入れたばかり

これから もっともっと 学んで 新しい発見をお伝え出来たらと思っております